「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

728

アベノどじょう演説と名付けておくとしよう。

 

野党第一党というのは、どこを向いているのだろうか。

 

立憲主義を旗印にしていながら、それを蔑ろにしたとしていた人物を追悼するという。

 

その程度のこだわりなら、茶番主義を掲げてもらわないと、有権者が惑わされる。

 

 

国権の最高機関を軽視した者の処遇として、国会での追悼はおかしいと主張すべきであろう。

 

議院は与党だけで構成されているわけではない。

 

憲法蹂躙、虚偽答弁、招集無視、行政府の長としてのやじの問題などがありながら、全会で追悼してもらえるのであれば、今後も やり得、お買い得。

 

悪夢とも言われていたのに、無感覚らしい。

 

慣例を無視した者を、慣例に沿って遇するという、事なかれ主義で 分別家 気取り、物分かりの良い お利口さん達なのだろう。

 

 

追悼は、政権に対する一定のお墨付きとなる。

 

政党としての姿勢や寄り添う対象を 間違えている。

 

ジミンのドジョウとなって ご奉仕しておけば、互助会的利己主義や名誉欲が満たされるのだろう。

 

また、称賛メッセージというお墨付きのお墨付き、裏書で加わる行為として繋がることにも、無頓着らしい。