「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

719

自虐史観として批判していた側に立っていたであろうはずの安倍氏が、自虐史観を信者に植え付けてきた関連外国本部組織の指導者側に敬意を表していた。

 

そして、その組織由来の家庭被害の問題から、安倍政権時の元支持者によって、警備の不備も伴ない、殺害された。

 

そのような状況で、反対する国民が多い中、現政権が 内閣 所掌 事務 葬儀 を執り行なうというのでは、恥の上塗りを 何度重ねれば 気が済むのだろうか。

 

政治家個人の恥や裏切り的行為ならまだしも、内閣 所掌 事務 葬儀は、それを国全体の恥へと押し上げるものであり、やらなかったら馬鹿だという主張の正反対で、やったら馬鹿。

 

国益や党益を優先する目算は的を外していて、国益が毀損され 重大な問題であると、通常、自分たちが主張したがるような 更なる結果を招く。