「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

683

佐々木朗希投手 ( 完全試合・連続三振・連続無安打などの記録達成 ) の投球は、160キロ超のストレートとフォークボールが どちらも低めに制球されて バットが空を切ると、野球盤の消える魔球のようにも思えた。

 

 

パーフェクトが継続した二試合目の8回降板については、身体を大事にする観点を示されると、一般に否定しずらくなると思われるが、よく考えてみると、チャレンジすべきであったたように思われる。

 

たとえば、130球くらいが一度でも負担が大きいのであれば、年間を通して一試合100球でも良くないだろう。

 

ローテーションを維持するためだとすれば、硬直的で、選手の身体のためとも言えない。

 

フォークの挟む握力が落ちていたのだろうが、ストレートはまだ活きていたので、横の変化、緩急の差、ボール球の投げ分けなどで、やってみる必要はあっただろう。

 

慣れていない人が頑張ると危険でもあるが、トレーニングを重ねている人に、いつもより少し負荷がかかっても大丈夫だろうし、プロ側としては魅せどころでもあった。

 

誰もが、今後の活躍を期待している。