「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

680

改善点に気付くと、それを改めて 再度 試してみたくなるが、過酷な格闘技で、もう一回やってほしいとは言えない。

 

こちらは素人だし、矢吹丈のように燃え尽きて、充実感を得ることができたのであれば尚更。

 

 

ガードの外側・横側から打たれる状況は、マウント・ポジションをとられているのと同じ状況に思える。

 

脱するか、攻撃する必要がある。

 

相手の攻撃が見えないまま固まった状態になると、相手が狙いを定めて打ちやすくなる。

 

クリンチが反則でないのならクリンチで逃れるか、距離をとるか、打たれるリスクを賭して攻撃するか、ということなのだろう。