「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

671

気候の調査としての開花の発表とか、慣習的・風物詩的なことを否定はしないが、標準木が特定の宗教団体と関わっていると、国のスタンスに疑問符が付く。

 

 

見頃とか満開とか、お花見(の予定)としては、その場所の咲き具合や気温・天候に合わせないと、肌寒くて殺風景な会合になる。

 

基準に達したかどうかという観察は、風情には結びつきにくい。

 

春の訪れは、認定に依らずに、 ( 映像越しでも、人の話でも構わないが ) 自分で感じとったほうが良い。