「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

614

他国でのマスク無しの行事などとはリスクも違うだろうが、医療が危機的な状況では、教育・学びの前提として、子どもの命を救える医療状況に戻すための協力が ( 家庭内感染が広がっていることもあり ) 、教育現場でも必要なのだろう。

 

制約下で粘り強く工夫を継続していくことが求められる。 

 

コロナ対応に関して各大臣が方針を決定するというのでは、例外が例外を呼ぶことになり、人々の協力が疑問に思われ、無力化傾向を助長してしまう。