「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

612

医療体制の構築、感染防止、ワクチン接種  といったことは、一般的に望まれてきたことであり、そのような三つの柱というのは、対策の支柱ではなく、願望や祈願である。

 

絵馬などに書いたものを読み上げたのかもしれない。

 

柱というよりは、対処について分類したものなのだろう。 

 

具体的な対策そのものが柱である。

 

当たり前のことが前面に出されると、対策自体やその是非の議論がぼやけてしまう。

 

 

また、デルタ株だから仕方ないといった雰囲気の言い逃れも許されない。

 

他国での惨状が伝えられたり、アジア人の免疫も効きにくいといった指摘なども以前からなされ、デルタ株への置き換わりによる被害拡大に対して、予め策を講じておくことができたにもかかわらず、対処が全く不十分であった責任は重い。