「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

599

人出の5割削減というのであれば、やむを得ない場合を除いて、複数人での外出を控えることをより意識してもらうのが良さそうだ。

 

頻度を減らすことは、本人のリスクを下げることに役立つが、全体の人流については、連れ立って外出することを控えてもらうほうが、目に見えて効果が分かりそうだ。

 

会合・会食は、合流による複数人での外出状態になる。

 

複数人でいる状態を減らすことは、接触の機会を減らすということの実践と言える。