「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

560

職域接種が早々と実施されたが、それは利己的な望みに寄り添うものである。

 

客など相手方の安全・安心のためなら、相手に先に接種してもらえば良い。

 

接種できない相手側のリスクはあるが、それはその場に限られず、一般的な対応の場面について優先する理由にはならない。

 

順序的には、重症化しやすい人の側( 介護従事者等も ) の接種を優先すべきであったろう。

 

 

 

高齢者の接種で、1回済み三分の一、2回済み数パーセント、国民全体で1回済み10数パーセントというような状況で、特定の職域が優先されてしまう政策は良くない。

 

産業医が確保されていて、その余力分が予め公共的に活かされないまま、早く多くの人に打つという理由で、その組織が優先的な地位を獲得できるというのは、前例になるとすれば問題が残る。