「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

529

公的な場で知見を求められる場合に、必要な内容でありながら、政治的なこととして控えるのでは、統治行為論と同じで、控えること自体が政治性を帯びるということを理解すべきだろう。

 

コロナ対策として、人々・人間の行動や規制について幅広く見解を示しながら、五輪という人間の営みについては控える、遠慮がちというのはおかしい。

 

国家権力側への物分かりが良過ぎて、知見として何をわきまえるべきか、考え違いがありそうである。

 

諮問機関などで、知見としての魂を 政府に預けさえすれば、政府協力者として、後の報償その他、社会的身分安泰で喜ばしい ということなのであろうか。