「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

506

圧政によって基本的人権を奪われている人々を、直接救い出す能力が無いとしても、あらゆる選択に際して、許していない姿勢で対処することにより、犠牲者の味方になって一緒に抵抗するということはできるはずだ。

 

相手との力関係の面で、それを全うできないことも多いだろうが、利益になるからと融和することは、犠牲者を横目にワイングラスを傾けるような選択になる。

 

 

自国の領有権に関して危機感を持つだけでは、「自国のことのみに専念」( 憲法前文 ) しているということでもある。

 

領有権を守りたいと思うのであれば、人権面での国際協調が強力な基盤となることを意識すべきである。