優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 。  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。)

466

自然災害は、人々の願いとは別次で現実に起きてしまう。

 

備えや対処で、人間のベストを尽くすしかないのだろう。

 

悪いことが起きると、何か悪いことをしたからかと考えてしまいがちなので、そうではないという信念も必要だと思う。

 

 

東日本大震災の津波の映像は、トタンか何かが ずっときしみ続けているような音とともに記憶に残っている。

 

津波が退いた後、湿っているのに大規模な火災が発生するものなのかと、思ったりしたと思う。

 

苦しみを想像するようなことは苦しくなるので、それを避けるような心理的な制御も働くのかもしれない。