「 優しさを主とし、知的・客観的に確かな 思いやりの心 」  それを推奨していますが ... らくがき帳になっています。 ( 何の専門家でもありません。) 番号をクリックすると、その全文が表示されると思います。

417

遅く 、弱く 、長く 、部分的に 、延長で、 って、あたしの考えと真逆っぽいのよね。

 

それで うまくいっている ( いく ) のなら、いいですけど。

 

( きっと、長く掛かってだめな部分に目を向けずに、うまくいったとか、仕方なかったとかの評価にしたりするんだわ。誤解がないように言うけど、緩い基準で切り上げたら、苦しい感じがずっと続くわよ。)

 

 

少なくとも、延長が意識されるというのは、うまくいってない部分があるということね。

 

でも、修正力ないでしょ。

 

旧日本軍の対処法などを受け継いでいるのかしら。

 

勝負の3週間に戻す 待ったに、ひと月掛けちゃってるし。

 

感染症の専門家も、実際の鎮圧に習熟しているわけではないでしょうし。

 

 

10日間の全力なら、資金・体調・精神面を考えても、2か月間でさえ、何度かできたのに。

 

短期間なら、全国一律的にでもできたし、国と自治体との権限がどうだとかの話も省けるの。

 

ワクチンが順調に手に入るかどうかや接種体制の確立について、資金面も含めて悩みが減少するでしょうし、世界的な奪い合いからは距離をとることもできて、貢献にもなるわ。

 

 

 

頭のいい人は 必要なことだけで済ませられると思うのかもしれないけど、現状の対処能力では、時間が掛かるアプローチを選択しているのよ。

 

協力できる心と状況であれば、頭を働かせる必要はあまりない ( 人体間の感染防止という ) フィジカルなことなんだわ。

 

外出自粛というソーシャル ( フィジカル ) ディスタンス ( マスク着用・三密回避・手洗い・消毒もね ) を、10日間?ひたすら みんなで 実直に 取り続けるという手法が、実は聖杯なのに。

 

必要なことや、ほんの少しの禁断・破戒・背徳なら大丈夫でしょうし、多くの日本人は 短期間ならできると思うんだけど、残念だわねぇ~。