379

緊急事態宣言を出す状況には至っていないというアナウンスの繰り返しは、緊急事態ではない宣言でしょ。

 

出されてもどうか分からないと多くの人から思われてる中で、出されてもいないのに 出された時のような行動を国民がとるわけなかろ~ぉ~。

 

 

ポイントを絞った対策で補償を節約しようとして長引かせ、それ以外のところで困窮した人を 公助で救いきれていない事態になってしまっているのでは?

 

全体的に広がって緊急事態なのを、ポイントを絞ってまた様子を見るの?

 

部分的に止めると、他への人の動きができたりすることも分かったことなんじゃないのかしら。

 

部分的な問題が見えても、全体的に対処しなければならないこともあるわよ。

 

GO TO を停止しただけで、やった気になっちゃったんじゃないのぉ?

 

宣言を出す状況かどうかを相談する専門家の会合って、参加者のマスクの隙間から 放置主義な政府の息が漏れ出てたりしてるんじゃないのかしら。

 

 

 

 

なんかもう疲れちゃったから、大河ドラマの話にしちゃいます。

 

私の中の大河ドラマは、「国盗り物語」と「風と雲と虹と」で、8割くらい終わっています。

 

「風と雲と虹と」は、始めが少し退屈な感じがしたけど、全体の良さが分かると気にならないの。

 

視聴率を気にするドラマがいいとは限らないわよね。

 

ただ、今 観たとして、全部が前と同じ印象で 良いと思えるかどうかは 分からないのだけれど。

 

 

終わっている特殊な人間の感想なので、気にしないでほしいんですけど、今のを通しで見てみようとした時に、信長が藤吉郎に見えてしまって、挫けてしまったの。

 

日吉丸の面影さえ感じてしまって。

 

演技は良かったに違いないと思うのよ。

 

でも、それ以前の問題で、信長の激烈なイメージから離れ過ぎていて無理だったの。

 

ごめんなさいね。

 

歴史上有名な人はイメージがあるから、普通のドラマとは違った難しさがあるわね。

 

既存のイメージに囚われずに、新しく描きたかったりするんでしょうけど。