316

核兵器禁止条約の有効性に疑問を呈するのは、やる気の無さの露呈である。

 

分断は、特権を持っている側が作り出している。

 

核廃絶  傍観 ・ 核傘下礼賛  踏襲  内閣 。

 

 

 

羽田新飛行ルート下では、飛んでいない日に、街が本来穏やかだったことに気づく。

 

航空会社の経営方針で、羽田に集中されて、それが結果的に住民の外部不経済につながるようであれば、企業への今時の投資評価にも反映されるべきだろう。

 

 アベな義  偉大  継承  住民犠牲  踏襲  内閣 。

 

 

沖縄の基地に関して、住民の犠牲が続いてはならないことも記しておかなければならない。