290

共産主義・社会主義を毛嫌いしながら、保守政党の国家主義的な政権運営を許容するのでは、意味がないだろう。

 

リベラル政党でも 強権的であれば似てくるが、国家主義とは親和性がない分の自浄作用は働きやすいかもしれない。

  

共産主義政党の主張がリベラルな範囲にとどまっていれば、国家主義的な保守政党より安全であり、政権を委ねる選択肢に含めたほうが国民のためになり、成熟した民主主義でもある。

 

リベラルな範囲から逸脱した場合に拒否すれば良い。

 

保守政党がリベラルな範囲から遠ざかって危険領域に踏み込んだのが、アベノポリティクス ( アベポリとしておこう.) であるが、茹でガエル状態に気付かず支持してきた人も多いのだろう。

 

アベな菅内閣がそういった部分を改めることができるのかによって、支持できるかどうかを決めたほうが良い。