284

アメリカの司法では、政治的な立場の違いによる影響が問題となっているが、日本の司法の統治行為論は、価値判断で解釈を変えられるレベルではないからこその政治的判断だろう。

 

 

少し論点がずれるが、共産主義国と通じていたとか、エージェントだったとかということへの視線の向け方と違い、アメリカは同盟国だからとして、いくらでも通じていても良さそうな、情報筒抜け状態・情報を自動的に貢いでいるような状態が続いてきたのであれば、安全保障面由来の属国性であり、独立国として問題だろう。

 

 

 

米国でも、従来の結論にこだわらずに、優しさを主とした 知的・客観的に確かな 思いやりという観点から、熟慮し直すことができれば、党派の対立を乗り越えられるはずだ。