271

ダイアモンドが金剛石と言い表されるというのは、聞いたことがあったような気もするが、最近まであまり意識にのぼって来なかった。

 

表現的に金が引用されている関係上、ダイヤモンドが金に寄り過ぎる感じがする。

 

価値的にはそれでも良いのかしれないが、色合いは違う感じがする。

 

銀のほうが近いように思われる。

 

色や輝きとして、自分が金より銀が好きなので、違和感も大き目になるのかもしれない。

 

 

金色やその輝きが好きという中には、金銭的価値がかなり影響しているようにも思われる。

 

自分が黄金の輝きのマックスを見たことがない可能性もあるが、そうではないだろうと思っている。

 

輝き感も、財産価値の影響を受けているのではなかろうか。

 

 

金星の輝きは、金と銀の間のような感じもするが、輝きが強いときはダイアモンドのようで、銀のほうに近いように思われる。

 

ヴィーナスだと、金とは結び付いてはいないのだろう。

 

 

眼鏡のフレームで 銀色を選んでいた時期もあったが、自分の肌の色には強過ぎる感じに気付いてから、金色に換えている。

 

 

ステンレス製で銀色のお気に入りのスプーンを持っている。

 

カレー・ヨーグルト・アイスクリームなどを食べるときのものだ。

 

口に入る部分が、通常のカレー用スプーンより幅が狭くて、自分の口に合っている。

 

売り場で見かけないので、大事にしている。

 

手に入れば大事にしなくなるというのは良くないが、他に買えても、愛着があるので今のを大切にできそうだ。

 

長年の感謝もある。

 

考えてみないと 気がつかないことも 多そうなことに 気づいた。