237

国際的な地位を主張し利益を受ける国家であれば、人権保障が国家の自由裁量であるかのように内政不干渉の原則を主張するのでは、国家としての正当性を自ら否定しているようなものである。

 

国際社会として人権侵害を放置することがありえない域に、人類が歩を進めて既に久しい。