116

ウクライナ機撃墜について、イランがアメリカの責任に言及しても自国の責任を軽くすることはできないが、両国がエスカレートした結果であることは否定できない。

 

実際に戦争をする気はなくても、緊張を高めれば、何かしらのミスによって、深刻な状況になる可能性があることを、今回の件で強く再認識する必要があろう。