106

個人の訴訟について、政治・司法・社会問題などの観点からの法廷外の言動によって個別の裁判に影響を与えることは公正ではないし、疑念を生じさせることにもなる。

 

公平さを考慮せずに自分を有利にしたり、自分の裁判を他の目的に利用したりする側面を排除できない。

 

個人の裁判では、法廷で正当な主張をすることにより、結果として他者の利益にもなるということを目指すべきである。