93

野党の再編で、共に政権を批判することを長く続けながら、理念の違いを強調するのでは、現実的対応とは言えないだろう。

 

野党側で理念の違いが受け入れられないのなら、与党側に加わることを模索したほうが良い。

 

受け容れられない理念があっても、留保しつつ現実的な対応の部分でキャビネットを構成することはできるはずである。

 

狭量な考え方に固執するのなら、多様性の主張を取り下げる必要があるだろう。