77

内心の自由が保障されるようになったのは、主に信教の自由のためかららしいですが、保障された宗教自体が信者の思想信条の自由を認めないとすれば、それを保護するのはおかしいと思われます。

 

人々が権力者から解放されても、聖職者が取って代わるだけになってしまいます。

 

宗教には良い面がたくさんありますが、殺し合いにつながる悪い面もあります。

 

教義の解釈は人間がするもなので、良くない解釈も存在しうるはずで、批判を許さないということが認められるべきではありません。