33

個別の裁判について厳罰を求める社会的な署名活動は、適正な裁判を受ける権利を侵害すると考えられます。

法制度や運用の見直しなどを請願する署名活動が適切だと思います。

 

また、被害者や遺族の方を通じて、他の人の意向が法廷で示されるとすれば、犯罪被害者参加制度の範囲を超えることになります。

 

検察によって法定で言及されるのも問題ですし、署名の有無や世論によって、求刑や判決が直截影響を受けてしまうとすれば、行政政策などとは違い、司法上、問題です。