とりとめもなく・10

人にとって、自分の幸せには、他者の幸せが必要です。

 

自分が幸せにならないと、人を幸せにできないという考え方がありますが、そこに幸せはないでしょう。

犠牲になる必要はないので、一緒に幸せを目指せば良く、それは既に幸せなことかもしれません。

自分が本当にできる範囲で助け合えば十分で、それ以上のことは人それぞれの判断によれば良いでしょう。

人の役に立てるのは幸せなことです。

 

他者の幸せが自分の幸せにつながることを自覚して、自分の幸せのために他者を幸せにするということで構わないでしょう。

そこでは、他者の幸せが共にある、あるいは他者の幸せが優先するのですから。