2019-12-15から1日間の記事一覧

93

野党の再編で、共に政権を批判することを長く続けながら、理念の違いを強調するのでは、現実的対応とは言えないだろう。 野党側で理念の違いが受け入れられないのなら、与党側に加わることを模索したほうが良い。 受け容れられない理念があっても、留保しつ…

92

NHKの新会長が、政権との距離を保つこと、報道機関としてのチェック、公平・中立といったことに言及したことは、公共放送の理念として正しい。 具体的な場面・各論で、政府が右といったら右ということにならないことを示していくことが求められる。 経営委員…

91

情状酌量によって、殺人と暴行・脅迫とで部分的に相殺してしまうことになるのでは、司法として正しいとは思われない。 殺意をもって人を殺害し、正当防衛にも該当しない場合、やむをえなかったとは認定されていないにもかかわらず、情状酌量により、殺人につ…

90

英国EU離脱混迷の手続き的な原因は、重要な政策の変更についても単純多数決で決することにあると思われる。 僅かな差で変更することが正しいのなら、僅かな差でまた変更することも正しいことになり、流動的になる。 それが繰り返されないとすれば、正しさよ…